社員30名以下の中小企業がとるべき経営戦略

社員30名以下の、中小企業の社長は以下の3点で、先ず

差別化戦略を立てることが重要である。

 

差別化戦略をひと言で言うならば、どんな切り口だったら、あなたの会社の商品やサービスが一番になれますか?

この考え方を元に、以下の三大要素ごとで戦略をたてる。

①商品、サービス (商品戦略) どんな商品やサービスで、他社との違いを出すのか

 

②エリア (地域戦略)どの地域を商圏にして、商売を行うのか

 

③客層 (顧客戦略)どんなお客様を相手にするのか

 

似たり寄ったりの、商品やサービスを提供している会社の経営者にとっては、重要課題であり、このキモの部分を理解して戦略をたてることで

すっきり腑に落ちる

 

会社の業績をアップさせる第一歩である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です